余った魚と野菜でかき揚げを上手に作る方法

特売で買った魚と野菜が、いつも使い切れずに中途半端に残ってしまう事って多くありませんか?
そして、その使いみちに困って結局は腐らせてしまうのではないでしょうか。

余り魚や野菜の使いみちに困った時には、かき揚げにしてしまうのがお勧めです。

残った1種類の野菜だけでオカズを作るには、量が少ない時もあるかもしれませんが、かき揚げなら残った色んな野菜を合わせて美味しいかき揚げを作る事が出来るというのが、嬉しいポイントです。

また、油で揚げるかき揚げは、サラダなどと違って野菜の鮮度が多少落ちていても、問題なく使用する事が出来るのもメリットです。

次に、美味しいかき揚げを作るポイントを紹介していきたいと思います。

まずサクッとしたかき揚げを作るためには、粉をあまり混ぜすぎないようにしましょう。

ダマが残らないように必死に混ぜようとする人々がいますが、これはサクッとした衣にならない原因となるので、混ぜすぎずダマが残る程度で十分です。

また、形の良いかき揚げを作るためにはクッキングシートの上にかき揚げを乗せて油で揚げましょう。

クッキングシートは、揚げることで自然に剥がれるので心配する必要はありません。

そして、かき揚げの場合は、深い鍋を使用するよりも、フライパンを使用したほうが油の量も節約出来て簡単に揚げることが出来るので試してみて下さい。

最後に、使用する食材の水気はしっかりと切っておく事も忘れないで下さい。

水気があると、ベチャっとしたかき揚げになるうえに、粉のツキが悪くなってしまいます。

以上に注意すれば、誰でも簡単にあまりもので美味しいかき揚げを上手に作ることが出来ますよ。