イワシの捌き方と簡単料理法

イワシという魚は比較的小さいので、コツさえ掴めば簡単に捌く事が出来ます。先ず、イワシを塩水につけます。ウロコをこそげ落とします。

包丁のウロコはきれいに拭きます。その後イワシの頭を斜めに切り落とします。魚の腹も斜めに切ります。イワシの尻あたりまで包丁をいれます。

そして、イワシの内臓をかきだします。イワシの腹の中をふき、再度塩水で洗い、水気がなくなるまでしっかりと再度魚をふきます。ここからは、魚を開きます。頭から3分の1くらいで、親指を魚の腹に入れて頭の方へ開き、3分の2も同様にして尻に向かい開きます。開いた魚の中骨、腹骨は包丁で取り除きます。

ここまでがイワシの捌き方の紹介です。

イワシの料理は多数あります。

その中でイワシのあられを使用した揚げ物は、簡単で食感が変わっていますので、お勧めです。

先ず、開いたイワシの尾を切ります。イワシに塩をふります。

魚の水分をふいた後、こしょうをふります。全体に薄力粉をつけます。よく溶いた卵液にくぐらせ、砕いたあられをよくまぶします。しっかりとあられはつけます。

油の温度は170度が適温です。イワシを揚げましたら、バットに置いて油をきります。以上で完成です。

パン粉を使用するよりも、歯ごたえがしっかりとあり、とても美味しいイワシの揚げ物となります。